第4話 ばりきラーメンの店

公開日:  最終更新日:2014/05/22


発寒で話題になっておる「ばりきラーメン」というラーメンを知っておるかの?

なかなか珍しいラーメンじゃということなので、知りたがりのカニ蔵は食べに行くことにしたのじゃった。
ばりきラーメンは「中国料理 起龍」というお店で出しているということじゃ。

JR発寒中央駅からぎんなん通りを北に徒歩で200歩くらい進むと、前方に「ラーメン」のノボリが見えてきた。


「おぉ!あそこじゃな? ばりきラーメンを出している店は」

近づいてみると、やはりのれんに「起龍」と書かれておった。


ここのオヤジはどんなオヤジじゃろうか・・・
ラーメン屋のオヤジだから多分・・・・

闘将!拉麺男(ラーメンマン)  必殺技:猛虎百歩拳


こんな感じじゃろう
などとアホな想像をしながら、店内に入ったそうじゃ


店内はテーブルが7個。20人以上座れる、キレイなお店じゃった。







座って待っていると「いらっしゃいませ~」と店のオヤジの声が聞こえてきた

「やっぱりラーメンマン!?」





「何にしましょう?」

ん?ラーメンマンに見えたのは気のせいか・・・



この人は起龍のご主人、金子隆芳さんじゃ。
ばりきラーメンとやらをもらおうかの~」
5分ほど待つと、出てきた出てきた。


なるほど、おいしそうな香りがするではないか・・・
はじめにスープを一口・・・スープはラー油が乗ったごま味噌スープで後から辛さがやってくる。



これはおいしい!
次に麺を・・・スープがよくからんだ腰のあるちぢれ麺。丁度いいゆで加減じゃ

起龍のオヤジさんに聞いてみた。
「ベースのスープは何を使ってるんじゃ?」

「鶏がらと数種類の野菜でダシをとってるよ」

「上に乗ってるのは何かね?」

「これは、豆腐ハンバーグさ」


「ほほー 辛さの中にさっぱりとした豆腐ハンバーグという絶妙な組み合わせじゃ!コウイカやフカヒレなど魚介類も入っているではないか」


「新鮮な魚介類も入っているのでそれぞれの味が楽しめるよ」

「担々麺に近い感じ。でも、より深みのある味に仕上がっておる。塩むすびも付いてボリューム満点じゃ!」





「海苔とかワカメは入っていないのかね?」


「入ってませんよ」





「シャンプーは何を使っているかね?」


「リンスインシャンプーさ」

カニ蔵は『リンス成分が必要なのか?』と思ったそうじゃ。





ばりきラーメンを完食したカニ蔵は、大満足して支払いを済ませると、オヤジさんが何かを出してきたのじゃった。


 「地元特産品を食べていただいてありがとう」


「こ!これはアトム通貨!」

アトム通貨はこの地域の商店街で流通しているんじゃ。
地元特産品を食べたということで、10馬力通貨を5枚ももらった。ちなみに、起龍ではマイ箸で食事しても10馬力もらえるそうじゃ。

ばりきラーメンを食べて50馬力をもらったカニ蔵はたいそう嬉しい気分になって店を出た。




すると、後ろから視線を感じる!

「なんじゃろう・・・」


「ん?」






「なんじゃ?」










「あっ!?」


「やっぱりラーメンマン・・・だ」

カニ蔵は、発寒には変わったオッサンがいるもんだの~と思いながら、家に帰ったのじゃったそうな。



めでたしめでたし
☆中国料理 起龍☆
発寒104丁目9-21 TEL011-664-3766
定休日:日曜日 営業時間:AM11:00PM800
☆中国料理 起龍からのお得情報☆
ご来店のお客様で「ばりきラーメン」ご注文の方、「カニ蔵ブログ見ました」と言うと、大盛りサービスじゃ!
(平成24629日(土)まで)

※話の内容は多少「盛って」いますが、お店のお得情報は本当です。(^^



シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑