番外編 カニ蔵探偵社 ~悪の組織との戦い~

公開日:  最終更新日:2014/05/23

発寒北のカニ蔵探偵は腕利きの探偵だ。

今日もカニ蔵探偵社に1本の情報が寄せられた。

プルルル・・・

ガチャ
「はい こちらカニ蔵探偵社です。」

ある組織に入らないかと誘われているんですが・・・」

「ある組織? それは、どんな組織ですか?」

「わかりませんが、声をかけて来た人は、かなり人相が悪いんです。」

「人相が悪いからといって、悪人とは限りませんからね。それに人相が悪いというだけで犯罪でもありませんから・・・。」

「それはそうですが・・・。でも、ちょっと怖いんです。」

「わかりました。調査してみましょう。その人の写真はありませんか?」

「今、メールで送ります。」

「ああ 来ました。 どれどれ・・・。むぉっ!これは!かなりの悪人顔ですね。」

「そうでしょう?」

「この顔から言うと、かなり危険な組織かもしれません。あなたも注意して下さい。」

『この人相・・・ どんな恐ろしい組織なんだ・・・』
カニ蔵は推理してみた。
まず、悪の組織といえばこれだな。
『このスカポンタン!』って感じか?
もしかしたら、これかもしれない
イーッ!
世界征服を企むつもりなのか?
なんと恐ろしい人物なんだ!

「・・・・・。 もしもし? もしも~し」

「あぁ すみません。ちょっと考え事をしていたもので。」

「組織に入ったほうが良いのでしょうか?命の危険はありませんか?」

「私が調査してみますので、それから決定してはいかがでしょうか?」

「そうですね」

「ところで、この危険人物はどこにいるかを知っていますか?」

「はい。先ほど、ぎんなん通りを歩いていましたよ」

「なんだって? ところで、その組織の名前は?」

「え~っと・・・。くらしの安心・・・なんとかって言ってましたけど・・・。」

「くらしの安心? 安心とか名前を付けているが、それが余計に怪しい可能性があるな。」

『考えていても始まらない。直接対決してやる!』

こうして、カニ蔵はこの危険人物のところに行ったのだった。

「いた! あいつだな! ん? 凶器を持っているぞ! やっぱり注意しなくては! その上、仲間と一緒じゃないか!」

「どんなに凶悪なヤツでも、ハツキタの治安を乱すヤツはこのカニ蔵探偵が許さないぞ!」

「え? 何のことですか? 今、ハツキタくらしの安心窓口のメンバーでスノーキャンドルを作っているんですが・・・」

「なんだって? ハツキタくらしの安心窓口?」 ※第23話「これで安心」参照

めっちゃ いい人だし!

人は見かけによらないものだ。

今日もハツキタは平和だった。

ハツキタくらしの安心窓口ホームページ

  ←クリックしていただくとハゲみになります。
人気ブログランキングへ

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑