第28話 ハツキタのゴッドハンド

公開日:  最終更新日:2014/05/23

ハツキタ商店街に「ゴッドハンドを持つ男」がいるという噂があるそうな。

その噂を調査するためカニ蔵はハツキタ商店街に聞き込みに行ったのじゃった。

まずは、ミウラ薬粧に行った。

「ハツキタ商店街にゴッドハンド(神の手)を持つ男がいるそうじゃが、ご存知ですかの?」

「ゴッドハンドね・・・。ハツキタ商店街にそんなスゴイ人がいるの?」

「スゴイらしいのじゃ。噂によると、魔法のように綺麗になるそうなのじゃ。」

「なんですって!綺麗になる?その人を見つけたら、私にも教えて!」

次は、中村メガネに行ったのじゃ。

「ハツキタ商店街にゴッドハンド(神の手)を持つ男がいるそうじゃが、知っとるかの?」

「え~ 知らないな~ 神の手じゃなくて、髪の毛を分けてくれる人、知らない?」

「髪の毛をくれる人はハツキタ商店街には少ないじゃろう。というか、思い付く人はみんなハゲとる。」

ハツキタ商店街の生き字引き、小川さんに聞くしか無いとカニ蔵は小川時計店に向かったのじゃった。

「ハツキタ商店街にゴッドハンドを持つ男がいるそうじゃ。ご存知かの?」

「あぁ。ゴッドハンドね。知ってるよ。」

「さすが、小川さんじゃ!」

「これでしょ?」

「・・・。これはマジックハンドじゃ。私が探しているのは『神の手を持つ男』じゃ。」

「あぁ。最初から日本語で言ってくれれば良かったのに。大昭石油の諏訪さんでしょ?」

「神の手を持つ男とは、大昭石油の諏訪さんという男なのか?」

「そうだよ」

有力な情報を得たカニ蔵は、大昭石油株式会社に向かったのじゃった。

「ここが、大昭石油の発寒メンテナンスセンターじゃな!」

「こんにちは カニ蔵さん」

「ムムッ 君が『神の手を持つ男』大昭石油の諏訪さんじゃな?」

「何ですか?その神の手って・・・」

「噂によると、君のゴッドハンドにより魔法のように綺麗になるそうじゃないか!」

「ストーブを丁寧に分解清掃しますが、魔法ではありませんよ」

「何?確か、情報によるとこんなストーブが・・・」

「こんなに綺麗になるそうじゃないか」

「これって、よく見ると同じ型ですが、違うストーブですよね」

「またヤツに騙された!」

久々登場 「第3話 若島津のおかみさん」参照

しかし、カニ蔵は諏訪さんの仕事を見ていく事にしたのじゃった。

ストーブを分解清掃することで、燃焼効率がアップし灯油代の節約になるのじゃ。

「それにしても、見事な作業じゃな。確かにゴッドハンドじゃ。」

ワンシーズン使っただけのストーブはこんなに汚れているのじゃった。

※自分で分解して掃除しようとするとカニ蔵のように壊してしまう事になるから要注意じゃ!

「そろそろストーブシーズンが終わったので、ストーブ分解清掃の季節じゃ。諏訪さんのゴッドハンドで綺麗にしてもらおうかの。」

「ありがとうございます!」

「そういえば、ミウラ薬粧さんが綺麗にして欲しいって言ってたぞ? それと、中村メガネさんも何か増やして欲しいみたいな事を言っておった。」

「ミウラ薬粧さんは、ストーブの清掃ですかね?」

「・・・・・。 たぶんそうじゃろう。」

とぼけるカニ蔵じゃった。

「中村メガネさんは何を増やすんですかね?」

「・・・・・。 ストーブを3台くらい買ってくれるんじゃないのかの」

「そうですか!ありがとうございます。早速行ってみます。」

「そういえば、小川時計店さんも分解清掃して欲しいらしいぞ。」

「小川さんなら、自分でできそうですけどね」

「いや。手が届かないらしい。」

すっとぼけたままで帰ったカニ蔵じゃったそうな。

めでたし めでたし

↓ポチッとしていただくと、もう少しやる気が出ます。(笑)


人気ブログランキングへ

☆大昭石油株式会社☆
札幌市西区発寒12条2丁目8-23  TEL:011-664-1720
大昭石油株式会社ホームページ こちら→ http://www.daisyousekiyu.com/

☆お店からのお得情報☆
ストーブ分解清掃申込時に「カニ蔵ブログを見ました」というと、標準整備料金よりなんと
3,150円引きとなります。(標準整備料金15,750円以下の場合は2,100円引き)

話は多少盛っていますが、お店からのお得情報は本当です。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑