第43話 わらしべ長者9

公開日:  最終更新日:2014/05/23

ハツキタ(発寒北)に「カニ蔵」というロクデナシがおるそうじゃ。

カニ蔵は、「わらしべ長者」をリスペクトしており、

「わらしべ長者でプリウスをゲットするぞ!」

とほざいているのじゃった。

前回はカネシゲ鮮魚店のしげちゃん

「茂ってないけど、しげちゃん」のボンネット部分

のお店に行って『メガネにつけるサングラスみたいなやつ』から『スーパー生ら(なまら)〆さば』に交換したのじゃ。

『スーパー生ら(なまら)〆さば』を持って、ハツキタ商店街があるぎんなん通りをウロウロしていると・・・

「な・・・!なにごとじゃこれは!」

と大声を出してしもうたのじゃ。

それは、お店の前に大行列ができているのを見かけたからじゃったそうな。

「ハツキタにこんなに繁盛している店があるのか?!」

それは、「銀座屋」というパン屋さんの開店を待つ行列じゃったそうな。

「そう言えば、『行列の出来る店』ということで、テレビに出ていたな・・・」

早速カニ蔵は行列をかき分けて、まだ開店してないお店に無理矢理入っていったのじゃ。

「ワシはエライから行列なぞ関係ないのじゃ!わっはっは!」

「まだ並んでおるな?寒いのにご苦労さんじゃの」

そう言ったとたん、お店が開店したのじゃった。

すると、大勢のお客さんが店内に雪崩れ込み、我先にとパンを購入し始めたのじゃったそうな。

あまりの勢いに圧倒されカニ蔵は帰ろうとしたが、自分の手に『スーパー生ら(なまら)〆さば』を持っていることに気がついたのじゃった。

「おぉ!忘れておった!この『スーパー生ら(なまら)〆さば』となにかを交換してくれ!」

店内で大声を出すと、銀座屋の秋山社長が出てきたのじゃ。

「カニ蔵さん、今日はなんですか?」

「おお!秋山さん。この『スーパー生ら(なまら)〆さば』を『なんかいいもの』と交換してくれ!」

「これは、カネシゲ鮮魚店の『スーパー生ら(なまら)〆さば』じゃないですか! じゃぁ、焼きたてのパンと交換しましょう!」

「おお!それはイイ! 交換じゃ 交換じゃ」

秋山さんは、カネシゲ鮮魚店の『スーパー生ら(なまら)〆さば』を持って大喜びじゃったそうな。

「これで、今晩は日本酒のいいおつまみが出来ました。」

「そうか。そんなに喜んでもらえるとワシも嬉しいぞ。」

「カニ蔵さん、ありがとうございました。」

めっちゃ喜んでる秋山さんを見て

「たまには良いこともあるもんじゃな・・・」

と独り言をいったカニ蔵じゃった。

「それにしても、行列ができるほどの人気店がハツキタにあるなんて知らなかったな~」

「おや?」

「めっちゃ喜んでるやんけ!」

あまりに喜びように気持ちが悪くなったカニ蔵は、逃げ帰ったそうな。

めでたし めでたし (つづく)

☆☆ 銀座屋 ☆☆

札幌市西区発寒11条2丁目7番44号
TEL:011-661-1092
売店営業時間:AM10:00~PM1:00 (月曜~金曜 平日のみ)

ホームページこちら http://www.ginzaya.jp/index.html

↓クリックしてくれると、秋山さんより喜びます。

人気ブログランキングへ

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑